らりるれ日和~2楽章~

お気に入りなコトを綴っています。山崎まさよし。。。そして日々の発見などを。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あき アキ 秋 でございます♪

食欲の秋っす!
ゲージツの秋っす!

ちょっとばかり、ゲージツしてきました。


フェルメール展に行ってきました。
ホントは隣の動物園にも行きたかったんだけど、時間が無くってスルー\(>o<)/
ゴリラさん達、また会おうぜぃ。。。(←上野動物園のゴリラを見るのが好きなのぉ。)

なんで時間が無かったかというと、↓の人を観るためなのぉぉ。
ブルーマン
ブルーマン、オモロぉぉぉ\(@^▽^@)/
声は一切無いのに、すっごい見せる・魅せる!!
「お~~~!!」ですよっ。「わぉ~~~!!」ですよっ。
(私ったら、なんとファジーな表現なんでしょう。ハハハ。。。)
ゴリラたちをスルーした甲斐があった~・・・って感じです!!


あっ。。。
相田みつを美術館にも行きました。ゲージツの秋ですから(^o^)v
以前、銀座にあった頃に行ったことがあるんだけど、今の美術館のほうが館全体に「お味」が滲み出ているように思います。
そして、この人の字&文は、心にズンってきます。「心の涙」が流れたわぁ。


東京タワー
田舎モノの私は、夜の東京タワーを見ると興奮します(笑)。
見るたびに、「お~~~!」って思っちゃうんです。
ブラボー、東京タワー\^o^/

スポンサーサイト
歩いても歩いても』を見ました。
予想以上に、GOODな映画でした♪

人を想う優しさや温かさ。。。
愛情から生まれる嫉妬や悲しみ。。。
これらが散りばめられてました。

私達の日常で、当たり前のように存在している家族の優しさや鬱陶しさを、是枝監督と俳優陣の方々が繊細に表現されていました。
風景や描写が細やかで、行間を読みながら映画を楽しむことができましたね~。
どの俳優さんもステキッだったけど、特に樹木希林さん、ブラボ~~!!って感じでしたわぁ。


最近、邦画ばかり見てるかな~。
『ザ・マジックアワー』、『百万円と苦虫女』。そして今週『クライマーズ・ハイ』を観に行く予定だし。私って、邦画好きだったっけ!?

THE CONVOY SHOWの『うみわたれ』を観てきました。
まずはひとこと、、、コンボイはやっぱり最高っっっす!!

THE CONVOY SHOWを見るのは今日が6回目(ん?7回目かなぁ~)。97年に『ATOM』を観て以来、コンボイ病なんです。

この度は6年ぶりの新作。
CONVOY独特の、歌&ダンス&パフォーマンスが盛りだくさん!!
ただ、この度は今までのようなショータイム的なものは少なく、パフォーマンスがストーリーの中にすんなり溶け込んでいるように思えました。
内容も大掛かりなモノではなく、小さなアパートに住む住人(コンボイのメンバー)と管理人(すまけいさん)が紡ぎだす“人間ドラマ”。
人生の岐路に立った人たちが、人と触れ合いながら変化していく流れなど、今までより心の描写が細やかに綴られていて、見応えありあり、ありっす!

CONVOYの作品って、ジグゾーパズルのような所があるんですよね~。
『歌・ダンス・パフォーマンス・演劇・笑い』が、パズルのピースのように、劇中に散りばめられているんだけど、中々全体像が見えてこないんです。「こんな絵になるの?」「こんな構図になるの?」って感じで舞台は進んでいって、ある瞬間に全体像が見えてくるんです。その全体像が見えた時こそが、CONVOYの醍醐味を味わえる決定的瞬間なワケでして。

この度の『うみわたれ』は、今まで以上に全体像がどうなっていくのか読み取りにくかったんだけど、“すまさん演じるおいちゃんの手紙”の部分でぅわぁ~~~っとパズルが組み合わされ、胸が熱くなっちゃいました。「やられた~~。」って感じです。
ホント、目頭が熱くなりましたっ。(コンボイで感涙するなんて、自分でもビックリ。)

ぅわぁ~~~っと感動の嵐が押し寄せてきた所で、Finish!!
カーテンコール4回(←もしかしたら、5回かも)
会場はスタンディングオベーション。

もう、もう、もうもう、(←私は牛か?)CONVOYには脱帽です。
そして、今村ねずみさんに「あっぱれ大賞」を差し上げたい気分です♪


My母は、妙な特技を持っています。
色んな人の手&指の形が、脳にインプットされているんです。手と指の映像がピ~~ッと脳に入っていくみたいで、しばしば「○○さんの親指の爪の形は、大きくって四角かったよね。」「△△さんの指の動きは、しなやかだよね~。関節はゴツゴツしてるけど。」と非常に具体的なコトを言ってのけ、周囲をビックリさせています。

小学校時代の友達、あるいは芸能人、はたまたお店のレジの人。。。
指の形を記憶している対象者そのものに興味がなくても、手&指の映像は鮮明に頭に入るそうです。それも半永久的に\(>o<)/
母曰く、「覚えようとして、人の指を見てるわけじゃないんだけどね~。私を警察に雇ってくれたら、犯人逮捕に貢献できたりしてね~。キャハハハ!」だそうで・・・。
「ケセラセラ」をモットーに生きている母ですが、『指&手』に関してはかなりこだわりがあるようです。

何故、突然こんな話をしたかというと。。。
数年前に見た平井堅様の指の映像が、脳裏に焼きついて離れないワケで。
堅様の美しい手の動きが、鮮明に映像として脳の片隅に残っているので、母のDNAを感じちゃうワケで。
そして、そして、、、今日、久しぶりに堅様の指を見たんだけど、やっぱりエロ&セクスィだったワケで。

前説が長かったですが、実は「Ken Hirai Live Tour 2008“FAKIN'POP”」に行ってきました!いやぁ~~、堅様の手(細かいことを言うと、右手首~指先)の美しさに悩殺されました。

このコンサートを一言で言うと。。。
静&動
陰&陽
染みる&弾ける

あれ?
一言では言い切れないっすね~。
とにかく堅様が出す『カメハメ波』ならぬ『ケンケン波』に、時には包まれ、時には巻き込まれ、マキゲのあの人のことを忘れてしまうほど堪能することができました。

いや~~、今日の浮気は大満足\^o^/

車での移動が多い私は、車内がMusic Roomになることがしばしばです。
まぁ、まさよし君の音楽を聴くことがしばしば芝刈りですが、まさよしOnlyではないですね~。(ライブ直後は、“山崎病”や“まさよし病”で重症になるので、まさやん一色ですが・・・。)

まさよし君でもない。。。
オーガスタ絡みでもない。。。
そんでもって、車内Music Roomで不動の地位をKEEPしてるCDがこれっ!!
Riding with the KingRiding with the King
(2000/06/09)
Eric Clapton & B.B. King

商品詳細を見る


超超カッチョイイ音楽。
そして、全く飽きない味わい。
そんでもって、ジャケットのチョイ悪おやじ達にシビれまくりっっっ。

“ギターの神様”エリック・クラプトンと、“ブルースの巨人”B.B.キングがコラボしたこのCD、「らりるれ論」的にはんごいお勧めで~す♪

ベルガモット

Author:ベルガモット
*・*・*・*・*・*・*・*・*・
音楽が好き!
空が好き!
花が好き!
そして、まさやんが好き!

お気軽に遊びにきて下さいね♪

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。